2007年4月 9日 (月)

津久井浜

  おひさしぶりです。 いつの間にかカレンダーは四月になり、長男も大学生活をはじめました。 高校生のときは通学に2時間かけていたのが、入った大学はたった1時間なので本当に楽になったようです。 また男子校に6年通っていたので女性がいるだけで毎日楽しくてるんるん気分で学校にいっています。親としては、うれしいような心配のような複雑な毎日です。 まあそんなわけで昨日の日曜日ひさしぶりにお休みだったのでみんなでドライブがてら三浦海岸の方まででかけました。 帰りに津久井浜に新しくオープンしたレストラン(エスプレッシーボ)に行きました。 以前は別のレストランでそのときもとっても良かったのですがいつのまにかお店がかわっていましたPhoto。 二階席からはちょうど久里浜から三浦海岸まで見渡せてなかなかすばらしい景色です。 葉山、鎌倉方面にまけないくらい素適な場所なのになぜか人がいなくてびっくりでした。 日曜の夕方なのに結局私達一組だけでした。 どのお料理もそれこそできたてでお味も最高でした。 やはり海の近くなのでシーフードもおいしくて本当にまんぞくできました。 ただ、駐車場が建物の下に4台ほどのスペースがあるのですが、なんとなく入りにくいのと一見高そうなレストランにみえるらしくお客さんはまだまだのびないようです。 昨日はアラカルトでいただきましたが、お好きな金額(それも2500円以上ならいくらでも)でコース料理も作ってくれるということです。  ランチセットもあるようなので今度また挑戦しようと思います。 やっぱり海をながめながらお食事するのは気分がいいものです。  ハワイもいいけど、地元にもこんな素適な場所があってうれしいです。 

2007年3月18日 (日)

和食の材料

今年の冬は暖かかったのに、今頃になって真冬のような寒さで震えています。
さて、先日お料理の生徒さんから頼まれてショッピングツアーしてきました。
私の教えている日本料理の生徒さん、つまりアメリカ人の生徒さんは日本の食材を買うのにとても苦労しています。 まず日本語が読めないので、自分の買いたい物を捜すのに苦労するみたいです。 それから調味料など、どれをみても似ているので何がなんだか皆目見当がつかないそうです。 たとえば、”しょうゆ”なのか”めんつゆ”なのか確かに色も形もおんなじようですものね。 お味噌もいろんな種類があってどれを買っていいのかわからないそうです。 そこで私も少しでもわかるように調味料などを日本語、英語、読み方などをリストにして渡すようにしています。 でも最近は携帯の辞書を使って英和辞典で自分の買いたいものを検索して和訳を店員さんにみせて買うという手もあるようです。 便利になりましたね。 でもそんなわけで私もときどき生徒さんに頼まれて買出しツアーに行きます。
確かに私もアメリカのスーパーに行ってチーズやベーコンを捜すときあまりの種類の多さにどれを買っていいのかさっぱりわからないときがあるのでそれと同じだなと思います。 私はいつも友達が連れて行ってくれるので助けてもらっています。 ですから私も生徒さんたちに少しでも役立てばと思っています。ただ、それがすごく時間がかかります。 みんながいっせいにいろんな質問をするので私は答えるのに必死です。 なかには日本語でも説明できないような質問もあったりします。
スーパーで2,3時間なんてあっという間にたってしまいます。 だいたい女性はどこの国の人でも買い物が好きなんですね。 洋服やアクセサリーだけでなく調味料とか買うだけでも楽しめてしまうから不思議です。 
お買い物といえば来週は佐野のアウトレットに行く予定です。 もちろん朝一番からがんばるつもりです。 何かいいもの買えるかしら? 

2007年1月25日 (木)

Japanese Cooking Class

昨日は久しぶりに生徒さんのお宅に行って料理教室をしました。
生徒さんは3組のご夫婦でまだお子さんもいない新婚さんばかりでした。
今日もリクエストはやはりお寿司でしたが、今日は海苔巻き、手まり寿司、いなりずしを作りました。
最初は私がもっともポプラーの巻き寿司を作り後は生徒さんたちが思い思いのものを巻いて自分流の海苔巻きができあがりました。中にはまぐろにラー油をかけたり、クリームチーズをいれたりと日本人にはあり得ない発想のものもあり私もびっくりしましたが、それが食べてみると意外とおいしかったりするので驚きです。 手まり寿司はスモークサーモンで作りましたが、小さくて可愛いのでみんな大喜びでした。 いなりずしは油揚げを煮る段階では、かなりお砂糖を入れるので「これはデザートなの?」をいう質問もあり「確かに・・・」と思ってしまいました。 でも出来上がってみると甘くておいしいのがいいみたいでお腹いっぱいといいながらすごい食欲でした。 そして私がハマグリのお吸い物をつくりましたが、お口にあわないかと思いましたが、全然問題なくあまりに簡単なのでびっくりしたみたいでした。 
そんなこんなで6時から作り出して、できあがったのは8時近くになっていました。
でもみんな自分達の作った巻き寿司に大喜びでした。 若い方たちなのでまあとってもにぎやかな料理教室でした。 アメリカでは、ご主人が夕食を担当するのは当たり前なのでこうやってご夫婦で参加される方も結構多いし、また男の方一人で参加する方もいます。 日本人の男性も最近は変わってきましたが、男性もどんどんお料理してくれることを期待しています。

また料理教室でなくてもアメリカに帰ってからも日本料理作ってほしいなと思います。 なんといってもやっぱりアメリカ料理からくらべるとヘルシーだと材料をみただけても想像がつきます。 

2006年11月18日 (土)

日本料理

Barbie_and_her_mom 今週は超多忙で先週のクッキングクラスのことが全然書けませんでした。(๑→‿ฺ←๑)
今月はなんと4回のフラ出演がありどれも違う曲があり頭の中がまっしろです。
先週のお料理は喜んでもらえてよかったです。
生徒の一人がアメリカからお母様がいらしていて日本の家庭をみるのははじめてということで期待されていたのでちょっと緊張しました。 我が家はあまり一般的な日本家庭という雰囲気ではないしお食事をいただく場所も和室ではなくテーブルです。 でもまあお料理の内容は日本料理なのでいいことにして・・・
作ったのは手巻き寿司、豚肉のしそ巻き、かぼちゃの煮物などです。
ボイルした海老、スモークサーモン、卵など調理したものだけを用意しましたがやはりこれじゃもうひとつぴんとこないのでねぎとろを用意してみました。
最初はなんだかけげんな((๑→‿ฺ←๑)をしていましたが、一口食べると全員おいしいっと大喜びでした。
ふつうのお刺身よりも気持ち悪いとか言われると思っていたのに意外でした。
あとは豚肉のしそ巻きもとっても興味があるようで熱心に作っていました。 これはチーズも入っているせいか大ヒットでした。
かぼちゃはアメリカのパンプキンとは違ってほこほこしている感じがおいしいと感じる様です。
デザートはできたてのバームクーヘンでしたが、日本ではポプラーなお菓子がアメリカでは全く知られていないようです。 そういえば以前にシュークリームをお出ししたとき"クリームパフ”と言われびっくりしました。
なんだか化粧品みたいな名前で未だにぴんときません。
アメリカ人と話していると英語だと思っている言葉が他の国の言葉だったということがよくあります。

2006年11月 3日 (金)

Japanese Cooking Class

夏休み以来しばらくお休みしていた我が家での日本料理教室をまた始めることになりました。 さて今回は一人の生徒さんのお母様がアメリカからみえているので本当に日本人の家庭での料理を味わいたいとのこと!!  ちょっとプレッシャーです(@_@;)
結構今までも家族が遊びにみえた時に一緒にみえることがあります。
お父様がおみえになることもありますが皆さんとっても喜んでくださるのでうれしいです。
今回も楽しんでいただけるといいのだけどさて何を作ろうか思案中です。
その生徒さんはお寿司(といってもなまものはだめみたい)を作りたいといっていますが、他の生徒さんの中にはお寿司はいやだという人もいるみたいなので”手巻き寿司”にして好きなものを作ってもらおうかと思います。 といっても生ものがだめだとすると調理した海老、うなぎ、スモークサーモン、卵ぐらいかしら? うには気持ち悪いみたいだし、あとはどうしても生ものになってしまうのでこまっちゃったな・・・・ まあ気分だけお寿司を感じていただくことにしましょう。 あとはやっぱりこの時期は"かぼちゃの甘煮”もはしやすめに作ろうかな? さあ、そのほかは何にしようか今週の金曜日なのでゆっくり考えることにします。  

その他のカテゴリー