2007年2月11日 (日)

市制100年

私の住んでいる市の市制100周年記念の行事の一つとしてボランティアのイベントが2月24日にあり、そこでフラを発表することになりました。 曲のタイトルは地元の場所をテーマにしたものなので市のテーマソングになればいいと思っています。 ただこのフラがハンパじゃなくむずかしくて練習のたびに頭をかかえてしまいます。 どんなものでもやればやるほど奥が深いなと思いますが、フラもいくら練習しても自分の思っているように踊れなくてなさけなくなることばかり。 特に今回は市のイベントなのでよけいに緊張します。  ただ、これを機にみんなで楽しく踊れればいいなあ。 今年は受験生をかかえる身なのでそれでなくてもいろいろ忙しいのにフラの練習もいつもより大変だし、おまけにその次の25日は第一志望の大学の受験日という最悪のパターンです。 あと2週間で私も息子も当日を迎えることになります。 がんばらなくちゃ!!

2007年1月 1日 (月)

2007年 元旦

  New_years_decoration_2Kadomatsu_1New_years_decoration_1

あけましておめでとうございます!
今年はイノシシなので年末手作りのいのししとうりぼう作りました。左上の写真は木目込みで作り、下はちりめんで中に綿をつめて作りました。 これがなかなかいのししにみえなくて苦労しました。 右の写真は木目込みで作った門松です。 これだと毎年飾れるのでとっても便利です。 木目込みを始めてもう7,8年になりますが、干支が全部そろうまでがんばって続けようと思っています。 
今年の元旦はお天気に恵まれましたが、午後になってにわかに雲が多くなってきました。 明日はお年賀に廻る予定ですが、雨が降らないといいのですが・・・・家にいて何もしないとどうしてもテレビを見ながらだらだら食べてしまうので気をつけないと! 

2006年11月29日 (水)

来年の干支

いよいよ今年も余すところあと一ヶ月ちょっとです。
私はもう7年ぐらい前から木目込み人形を習っていて毎年この頃になると干支の木目込みを作ります。
もちろん現在来年のいのししの置物を製作中です。 ただ、木目込みだけでなく最近はちりめんの生地を使って自分達で考えながら作ったりもしています。 そういう本も出ているので先生と一緒にああでもないこうでもないと作るのが結構楽しみです。 先日もいのししの親子作りました。 でも出来上がった作品を子供に見せて何に見えるって聞いたら「多分来年の干支のいのししのつもりだと思うけど・・・・どちらかというとねずみに近いかな??」と言われてしまいショックを受けました。 でも、確かに良く見るとしっぽが長くてネズミみたいでした。 いのししの尻尾って短いのですね。
そういうちょっとした特徴をとらえるのってむづかしくて・・・やっぱりそういう才能は私にはないようです。
でもそうやって試行錯誤してうまく出来上がったときはほんとうにうれしくなります。
また今年もそういう時期がきてすぐお正月です。 来春は長男の大学受験もあるので今年はクリスマスもお正月もひっそりです。   

2006年11月23日 (木)

ウクレレ発表会

Yoko 先週の土曜日は知り合いのウクレレの先生のクラスの発表会でした。   私は生のウクレレでソロ2曲踊り、あとの1曲は友人と3人でオリジナル曲を踊りました。 他のハラウのフラもあったのでますます緊張しました。 こんなヘタな私が一人で踊るのは最初はやはり緊張しましたが、踊っているうちに落ち着いてきました。 でもまた曲が変わるといつも笑顔で踊っているのに笑顔がなかったわねとみなに言われてしまいました。 やっぱり緊張していたのかな?最後の3人で踊った曲は地元横須賀の猿島をテーマにし、自分で作詞をした曲なので楽しく踊ることができ、ほっとしました。 ただ、家に帰って自分の踊っているビデオを見たときは正直言ってはずかしかったです。 まだまだうまく踊れませんが踊るのは本当に楽しいです。 ウクレレの生徒さんはみなさんレパートリーが広くてさすがだなと感心しました。 また一番感激したのは一つのクラスは視覚障害者の方もいらしてボランティアの方がついて楽譜を読んでウクレレを演奏していました。 それもむずかしい曲も上手に弾いていらして改めてすごいなと思いました。 
発表会の後今度は大急ぎで自分達のお稽古に走りました。 次の週には自分たちのフラクラスの発表を控えていたので最後の練習でした。 忙しい一日でしたがとにかく終わってほっとしました。

2006年6月19日 (月)

フラの発表

いよいよフラの発表が迫ってきました。
生れて初めてたくさんの人の前(それもホテルで)フラのソロを踊るなんて今からどきどきです。 
まあ、かえってみんなとそろえる必要がないので笑顔で堂々と踊っていれば誰もまちがっても気がつかないという考え方があるようですが、やはり一人というのは緊張します。
今回はなんと5曲も踊るのです。 それもCDではなく生バンドなので何が起こるかわからないという恐怖もあります。 まあ、なんとかするしかありません。

そんなわけでただいま一人で特訓中です。
フラは簡単なように見えて結構足腰が疲れて大変なんです。
家族には"いい年して何やっているの?”って顔でみられていますが、私はとても真剣そのもの。 本番まであと一週間、今週は必死でがんばらなくちゃ!
フラの振り付けはハワイのクムフラから直伝のものもあれば日本人の先生がご自分で創作なさったものもあります。そして皆の良いところを寄せ集めて作る場合もあるようです。
ですから同じ曲でもハラウによってみなそれぞれ違うのでそれを見ているだけでも結構面白いものです。先日メレフラパーティに行って本当に面白いなあと思いました。
それにしても日本人のフラ人口いったいどこまで増えるのでしょうか??
いまや中高年(もちろん若い人もですが)が数人集まればその中にフラをやっていない人がいないくらいに広がっています。 何故こんなに多いのか不思議でなりません。
という私もそのうちの一人なんですよね。 私はなんといってもハワイの音楽を聴くとハワイのあのやさしい風、そして美しいトロピカルフラワーを思い出しすごく幸せな気持ちになれるのです。 皆さんはどうですか?

その他のカテゴリー